2011年09月27日

算数のお勉強。


次から次へと、
新しい、お仕事をいただいています。


うれしい限りです☆


これからも、
等身大で、真っ向勝負♪


だから、自然と焦りも不安もありません♪
まったくないといったらウソですが。



さて。

ようやく本格的な学習法です。


最近、本当に大変になってきたのが、
算数の学習。


小学生 と 大学生 が困ってます。


大学生の就職活動のSPI対策は、
本当に大変です。


まず、多くの受験屋さんが、
勘違いしているのが、

問題が『解ける』 ということと、

算数が『できる』 ということ。



問題が『解ける』からと、
イコール 算数が『できる』とはなりません。


算数、特に受験算数ですが、
理解していなくても、パターンと鬼のような演習で、
問題が『解ける』ようになることがよくあります。


そして、この問題が『解ける』ようになる成功例を、
いくつも持っているので、
塾や、分析の浅い個別講師、家庭教師は、
できない生徒 に対して、
それが、なぜ『できない』か、理解できていません。


どうしても、演習、演習、演習  で、
できるようにしようとする人が多いです。


そんなことをするので、
中学、高校と、数学が難しくなるにつれて、
脱落者が出てしまうのですが・・



まず、算数の学習で大事なのは、
『計算』の意味です。


『計算』ではなく。

『計算』の意味を理解することです。


たし算、引き算、かけ算、わり算。


この一つ一つを、丁寧に丁寧に、
時間をかけて教える必要があります。

時にはワークを入れ、
ときには、30分間、
何も教えず考えさせ。


この、『計算』の意味 を理解してもらいます。



おそらく、多くの人が
次の問いには答えられないでしょう。


【問い】原価の20%の利益を見込み定価をつけたところ、
2000円の利益になりました。原価はいくらですか?
















・・という問題のときに、2000÷0.2 をする理由を答えよ。





さぁ。

これ、答えられる偏差値60以上でている小学生は何人いるでしょうか?




算数は、【問題演習大会】ではありません。


しっかりと、意味を理解した上で、
問題を解いていかなくてはいけません。



算数の学習として、
まず行わなければいけないのは、
『計算』の意味 を きちんと理解すること。


たし算とはなんなのか。

ひき算とはなんなのか。

かけ算とはなんなのか。

わり算とはなんなのか。


算数が、伸び悩んでいる生徒さんをお持ちの方。

数学の、方程式の文章問題が苦手な生徒さんをお持ちの方。



この計算の意味が理解できているか、
聞いてみてください。



びっくりするくらいわかっていないことが多いです。


特に、割り算には注意です!






posted by knyacki at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月24日

分析をする。


学習法というときに、
まず、必要なのは、
自分自身を分析するということ。



最近感じるのは、
普通に小学生〜大学生、若手社会人、
この分析能力が、非常に低い。



まず、自分がどういう状況で、
自分が、何を優先させなくてはいけないか。


ということが、できていない。


例えば、成績は赤点まくり。

学習内容も非常に難しい。

どうにもならない状況。 ということが、
分析できない。



偏差値60の学校を目指しているのに、
あと3ヶ月で受験という時期に偏差値40でも、
自分の行動や勉強しようとは思わない傾向にあったりします。



まず、学習法の一歩目として、
自分自身を、徹底して分析してみる必要があります。


親御さんで、子どもに少しでも学びを。。。。と思うのであれば、
あれやこれやと、言ったり、試す前に、
徹底して、子どもを分析してみてください。



1番研究しなくてはいけないのは、
『なぜ、思うような結果が得られないか。』ということ。



この1番の理由を潰すことが大事になります。




これは、社会人でも一緒で、
なぜ、うまくいかないか。


という、原因分析が必要です。



うまくいかない原因に、
人とのコミュニケーションがあげられるのであれば、
徹底して、自身のコミュニケーションを見直さなくてはいけません。


それと向き合おうとしないから、
うまくいかない。


1番の原因がそこなのに。



そういう人を何人も知っている。



原因を明確にして、原因を潰さないかぎり、
その結果は出てきます。


インフルエンザウィルスが原因だから、インフルエンザになるのです。


インフルエンザになったら、それを治す薬を飲みます。

腹痛の薬を飲んでも意味ありません。



病気の場合はまだいいです。

自己治癒能力もありますから。


学習に関しては、
原因があるかぎり、同じ結果がでてきます。



学習法の一歩目として、
まずは、自分の分析をじっくろやってください。


どういう思考、志向をもっているのか。

普段、何が悪くて、良い結果がでないのか。

また、良い結果になった理由はなにか。


しっかり、自分で吟味してましょう。





posted by knyacki at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月21日

人として。


ただいま、台風で足止めくらって、
五反田のカフェでブログ更新してます(^-^)



さて。学習法をお伝えする前に、
もっと重要なことを伝えなくてはいけませんでした。



それが、【人として】という部分。




ここに問題がある生徒は、
もともと成績が非常に悪かった場合、
どんな学習法をためしても、
どんなにモチベーションがあったとしても、
成果が出にくいことがあります。




いま、私自身が、ぶつかっている壁なのですが。。。。。



いいことだけ、アウトプットとして、
自分をすごいように見せるのは、気持ち悪すぎるので、
私は、等身大でアウトプットです!



ここもそうですが、
やっぱり、【人として】という部分に課題があるひとは、
なかなかうまくいかないことが多いです。


教育業界にも、人をうまい具合に騙して、
マインドコントロール的なことして、
お金搾取して、自分は神様気取りな人、結構いますからね。。。


さて、子どもに対しての、
『人として』という部分は、


時間をきちんと守る。

とか、

一生懸命なひとに対して一生懸命で返す。

とか、

人の厚意を踏みにじらない。

とか、


こういうところです。


単純ですよね。


最近は、一対一の指導でも、
余裕で居眠りしてしまう生徒もいます。


高いお金払ってもらって、いろいろとしてもらっているのに、
そんなことお構いなしに、時間を無駄にしてしまう。


もう与えられることに慣れ過ぎてしまっているのかもしれませんね。




人として。


という部分に、私は本当に厳しいです。


一度、高校生に本気で怒鳴ったことがあります。


親御さんが買ってくれた電子辞書とか、
音響機器とか、平気でなくしたり、壊したりする子がいて。。。。



そういうのが治らない限り、
絶対い成績なんてあがらないぞ!!

と、キレたことがあります。


人の気持ちや、ものを大切にできない人間が、
勉強したって、成績なんてあがるわけがありません。


成績が伸び悩んでいる場合。


もしかしたら、このような、
道徳的な部分に課題があることがよくあります。

もし、どんな実績持っている先生にみてもらっても、
なかなか成績が伸び悩んで。。。という場合は、
いちど、あり方 を疑ってみてください。


あり方さえ、きちんとなれば、
どんな学習法を使うより成績アップが望めます。


















posted by knyacki at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする