2005年11月06日

ぐうたら大学生。

先日、こだまさんのブログでこのようなコメントをいただきました☆

SHINさんは最近のぐうたら大学生が多い中にあって、なかなか見所のある若者と思ったのですが、・・・。だけど、期待していますので、ひとこと言わせてもらいますね。

やっぱり世間的には大学生は、ぐうたらってイメージありますよねぇ〜
僕自身も、そう感じます。

最近の大学生は・・・・・・

って僕も使います。

サークルで飲みまくって、遊びまくって、
日本の最高の教育機関というもの影もなく、
今の大学はレジャーランドと呼ばれるくらいです。
⇒参考 中嶋経営科学研究所のメルマガ。

私立の、超有名大学だってそうです。
少しまえの、スーパーフリーだって、都内の大学生がどれだけ入っていたことか。

また、毎年、
野球か何かの早慶戦の後では、新宿や渋谷はかなり酔っ払った、
早稲田生と慶応生で荒れるらしいです。

俺はそんな大学生が大嫌いです。
だから、自分はそんな大学生にはなりたくないと心から思います。

ほとんどの大学が、『レジャーランド』と呼ばれるにふさわしい大学です。

だから、俺は、いままでの大学3年半。
塾講師にほとんどの時間を費やしました。
そんなレジャーランドの大学に今の子供達を行かせるような教育をしないために。

知り合いに、中央大学附属高校に通っている子がいます。
その子がいいます。
『大学は、遊ぶために行く っていっている友達がほとんど。』
僕の高校の友達も言っていました。
九州の有名私立で、国公立の医学部の合格ランキングでは上位5位以内に入っているみたいです。
『大学は遊ぶために行く!あと就職に有利だから』
といって、慶応大学に行きました。

大学は。
日本最高の教育機関なはずでは・・・・
┐(´ー`)┌ヤレヤレ

でも、こんな悪いところばっかりではありません。

ぐうたら大学生が多い中・・・・・

僕の研究室。
ぐうたら大学生は、いません。
みんなヤバイです。
ってか、教授が恐ろしく厳しいです。
平均2ヶ月に一回くらい、教授に実験経過を報告する
ディスカッションというのがあるのですが、
このディスカッション前には、ありえないくらい、
研究室はぴりぴりしてます。
そして、
土日関係なく、実験しに来たり、資料つくりに来たり、
環境展などのイベントの準備をしたりと、
かなり忙しいです。
確かに、飲み会は多いですけど。。。。
中間発表前には、夜中まで先輩が、
発表練習に付き合ってくれたり・・・・・

まぁ、こんな大学もあるってことはかなりの救いですね☆

研究室だけでなく、学科自体もかなり厳しいです。
授業にレポートにテスト。

レジャーランドとは程遠いところですね。
でも、この厳しい大学の研究室に乾杯です♪

ランキング登録しましたぁ★
よろしく♪
人気blogランキングへ
にほんブログ村 教育ブログへ



posted by knyacki at 18:19| Comment(8) | TrackBack(0) | 大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あぁ耳が痛い…
私は「ぐうたら大学生」の見本みたいな学生です…
今の大学に入ったことを後悔し続けて早5年。
仮面浪人にも失敗し。
途中通った専門学校では、授業のない日にも学校に行くくらい、徹夜で課題をこなすことが楽しかったくらい、真剣にやってたのに。
明確な目的もなしに大学に入ってしまった学生は、たぶん私のようになってしまうんでしょう。
SHINさんは自分のやりたいことを明確に持っていらしたから、しっかりした学生生活を送れたのでしょうね。
ほんと自分が恥ずかしいです。
Posted by サンドペーパー at 2005年11月07日 19:04
私が大学生だったのは、もう20年以上前になります。当時すでにレジャーランド化していました。構内はさながらファッションショーのようでしたね。だけど、私のまわりにはそうしたきらびやかなファッションに身を包んだ若者はいませんでした。

類は友を呼びますから、いつの時代でもいると信じています。日本の将来を変えてくれる本当の力を持った若者が。頑張ってくださいね。(^_^)v

PS 多くの大学生さんたちへ
本当に実のある勉強できるのは今しかないのに、遊んでいたらもったいないよ。学校の単位を取ることばかり一生懸命になるよりも、本当に力をつけるような勉強しようね。社会人になったら、自分の時間なんかほとんどとれないんだよ。といっても彼らの耳には届かないかな?
すいません。おじちゃんの独り言でした。(^_^;)
Posted by こだま at 2005年11月08日 12:34
塾の講師やらバイトする時間自体が研究する人間からして、もったいない。
Posted by おっちゃん at 2005年11月26日 09:14
そんなことをしたら、首都圏のほとんどの塾はつぶれてしまいますね。

だれが、理科や数学を教えるのでしょう?
Posted by at 2005年11月26日 11:50
↑じゃあアンタがココにコメントする時間はもったいなくないの?
時間の使い方なんて人それぞれ。


Posted by ピンクパンサー at 2005年11月26日 11:57
僕自身の考えでは、
より、自分の研究や、より勉強をしている人こそが、
塾や学校で、『先生』になるべきだと考えています。

自分がやってきたことを子供達に伝える。
そうすることで、
『きちんと勉強している大人』を見せることが、
一番だと思います。
Posted by SHIN at 2005年11月26日 12:21
 管理人さん、SHINさんの発言に同意です。
 理系・文系問わず、塾で自分の学んだものを塾に還元することは大切なことですね。いわゆる遊んでいる大学生の授業と管理人さんの様な方のそれではその差は歴然としているでしょう。それでいて殆ど同じ自給とはおかしいです。業績時給制をバイトに入れて欲しいものですね・・・
 ただ、管理人さんは激自己の正当性を見出したい気持ちが多分にあるところがたまにキズですね。正直遊んでいる有名私立の学生さんはいわば大学の勉強から離脱した者達です。また、情報の非対称性から、大学を理解していない高校生が多いため(日本の高校教育に問題有)、「大学は遊ぶぞ」なんていう人も多分に出てくるんでしょう。大方の人は大学に入って、多くの情報に接することでそうした考えを改めます。僕がそうでした。
 でも、管理人さんの価値観は素晴らしいと思います。ただ、伝え方が多少過激な為、惜しいなと思いました。
Posted by おったこる at 2005年11月27日 13:41
あっ、管理人さん=SHINさんでした。恥ずかしい。。。
Posted by おっこたる at 2005年11月27日 13:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。