2006年10月24日

就職活動。

就職活動が本格的にはじまりました。


研究室生活(共同研究の実験・勉強・ゼミ・TA・授業・雑用)
家庭教師(週4件)
塾(週2)
その他、ヘルプの生徒の臨時指導

全てを手を抜かずにやらなきゃ・・・・


でも最近、眠りが深すぎるのか、起きた瞬間に、
夢なのか現実なのか分からなくなるときが・・・・・
起きたい時間に、気持ちよく起きられないし・・・・
歳のせいもあるのかな
━━━━━━(゚д゚lll)━━━━━━


最近は、ネットをつなげると、就活サイトを見るか、
兎に角企業のHPをチェックして経営理念や事業内容を確認、分析しています。

んで、説明会やらセミナーなどを予約。



僕の就活でのコンセプトは・・・


打倒文系!!! です。


別に、文系をバカにしているわけではないですよ。
『打倒』なんですから。


僕は、理系の、いわゆる研究職や技術職は考えてません。
塾などの教育系、教育系コンサルティングしか考えてません。

全学部・全学科の募集になっているわけで、
やはり、そうなると文系の方の志願者の方が多くなる。

しかも、大学院生なんてめったにいなかったり・・・

ある経営コンサル主体の会社のSNSで、1000人近くいるのかな・・
そこで、大学院生を検索したら、ほんの数十人いるかいないかでした・・


んで、何がいいたいかというと、
文系には、時間がたっぷりある。
3年生の後期や、4年生になってから、学校の授業やゼミで毎日学校に行ったりしている人は見たことがない。

それこそ、就活のために、資格をとったり、ダブルスクールだったり、
就活の勉強ができるわけだ。

就活にかけられる時間は、絶対的に理系が少ないらしい。

コンサル系や商社を受けていた先輩が、
『就活』というものに関しては、文系にはなかなか勝てない。って言っていました。

『打倒文系!』っていうのに、応援してくれる先輩が数人♪


やっぱり、就活の中で、話をしていて、
2月3月に、
『いま春休みでぇぇ〜(*≧▽≦*)』っていう文系の方は多いらしく、
妙に腹が立つらしぃ。

2月3月は、一番理系にとって忙しい時期ですからねぇ・・
論文かいたり、中間発表だったり、実験の引継ぎだったり・・・・


そいういうわけで、
就活という面に関して、理系の文系就職は難しいという分析結果。

だからこそ!

打倒文系!!!


なかなか、文系が主体の会社は、面接でも会話が噛合わないらしい。

おそらく、研究室っていう言葉や、共同研究、
修士論文の実験といったものに関しても、なかなかピンとこないようです。


いつぞや、『学生をかえる!』っていっていた、
インターンシップを紹介してくれる会社は、
研究室生活や、実験といったものには、さっぱりで会話がなりたたなかったなぁ・・・


社員『いま夏休みですよねぇ〜いつまで夏休み?』

僕 『いや・・・研究室では1週間あるかないかで、
   いまはまだ毎日研究室いってますね。。。』

社員『えぇ〜!そうなの?夏休みほとんどないんだ!?』


学生なのに、夏休みが1週間あるかないかなんて、初耳といった反応でしたね・・・・



そうだよ・・・・春休みだってそうだよ。

就活がピークになる、2月3月って・・・・

普通の大学生は春休みですよね・・・・・・・


2月3月・・・・今年も忙しそうだなぁ(-ω-)
posted by knyacki at 10:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
亀ちゃんも言ってましたね。理系は就職活動をほとんどしないと

打倒文系!
凄まじく大変そうだけと体調を崩さずやっていってください
Posted by Hi at 2006年10月24日 18:07
>Hiさん

コメントどうもです♪

最近は、理系も就職活動する人は増加傾向にあるそうですが・・・

でも、中身を見てみると、どうも、『なんとなくぅ・・』って人が多いような気がします。

これがやりたい!!!って人は少ないようです。

本当に、学校のコネ使えば一発ですからねぇ・・・
とくに、有名大学だとそうですね。

なんとか頑張ってみます♪
Posted by SHIN at 2006年10月25日 16:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。