2011年09月21日

人として。


ただいま、台風で足止めくらって、
五反田のカフェでブログ更新してます(^-^)



さて。学習法をお伝えする前に、
もっと重要なことを伝えなくてはいけませんでした。



それが、【人として】という部分。




ここに問題がある生徒は、
もともと成績が非常に悪かった場合、
どんな学習法をためしても、
どんなにモチベーションがあったとしても、
成果が出にくいことがあります。




いま、私自身が、ぶつかっている壁なのですが。。。。。



いいことだけ、アウトプットとして、
自分をすごいように見せるのは、気持ち悪すぎるので、
私は、等身大でアウトプットです!



ここもそうですが、
やっぱり、【人として】という部分に課題があるひとは、
なかなかうまくいかないことが多いです。


教育業界にも、人をうまい具合に騙して、
マインドコントロール的なことして、
お金搾取して、自分は神様気取りな人、結構いますからね。。。


さて、子どもに対しての、
『人として』という部分は、


時間をきちんと守る。

とか、

一生懸命なひとに対して一生懸命で返す。

とか、

人の厚意を踏みにじらない。

とか、


こういうところです。


単純ですよね。


最近は、一対一の指導でも、
余裕で居眠りしてしまう生徒もいます。


高いお金払ってもらって、いろいろとしてもらっているのに、
そんなことお構いなしに、時間を無駄にしてしまう。


もう与えられることに慣れ過ぎてしまっているのかもしれませんね。




人として。


という部分に、私は本当に厳しいです。


一度、高校生に本気で怒鳴ったことがあります。


親御さんが買ってくれた電子辞書とか、
音響機器とか、平気でなくしたり、壊したりする子がいて。。。。



そういうのが治らない限り、
絶対い成績なんてあがらないぞ!!

と、キレたことがあります。


人の気持ちや、ものを大切にできない人間が、
勉強したって、成績なんてあがるわけがありません。


成績が伸び悩んでいる場合。


もしかしたら、このような、
道徳的な部分に課題があることがよくあります。

もし、どんな実績持っている先生にみてもらっても、
なかなか成績が伸び悩んで。。。という場合は、
いちど、あり方 を疑ってみてください。


あり方さえ、きちんとなれば、
どんな学習法を使うより成績アップが望めます。


















posted by knyacki at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。