2009年06月03日

【するーする】


怪しげなタイトル第2段。

って、対してことないのですが・・・


スルーを、する  ってことですね。


以外と人間関係にとって重要じゃないかなぁ・・って思ったりします。



最近、色々な情報を集めるためにも、
mixiを使って、
たくさんの人にマイミクしてもらったり、
コミュニティをのぞかせてもらったりしてますが・・・・・



っとその前に、ランキングクリック、
よかったらお願いします。
教育ブログランキング







あれてるところが多いなぁ・・というのが正直な感想だったり。


個人的に、ネット上の文字のみの議論は、
人が意見を言ったりコミュニケーションをとるとき、
解釈論理がほとんどであるということ、
文字情報だけのやり取りは、
ただでさえ解釈が一方的なのに、それに加え、
他の情報が圧倒的に少ないので、建設的でないと考えています。


基本スルーするようにしています。

以前は、このブログでも、
議論議論していましたが、
基本的に、ネット上の議論はしないようにしています。



お互いに顔見知りで、
空気感の伝わるものであれば、
コメントしたり、コメントもらったものに、
議論チックにしたりしますが、
基本は、スルーします。



行間を読める人であればまだしも、
字面だけを読んで、それを無限にある解釈を使って、
論理展開させて、相手の矛盾を突く、
っていうのが好きな人いますよね…


【議論することは正しい】というような価値観で、
真っ向からくると、どうも引いてしまう・・・



ネット上での議論とか、けなしあいとかって、
現実世界で、認めてもらえてないことの、
表れなのかなぁ・・と感じることがあります。



認めて欲しい、認めて欲しい、認めて欲しい


評価されたい、評価されたい、評価されたい


否定されたくない、否定されたくない、否定されたくない



こんな、承認欲求からくるのでは?  と思うことも。



そして、
やはり、議論の目的が、
【相手の考えを変える】という、
私自身は致命的だと考えている、

相手を正すことは正しい


・・というような価値観かなぁ・・と思ったり。




以前は、私自身もこのような考えだったので、
尖って、突っ込んだりしていましたが…


最近は、しゃーない。

認めて欲しいだけだなぁ・・・ 残念だぁ・・・


がんばろっ  って思うようにしています。




解釈や感性、感じ方、価値観。


人それぞれです。



バーチャルの世界で、それを使って議論をするということが、
どれほど大変なことか…




結局、
「議論することで、何がしたいのか?」ということを、
追求していくと、
ほとんどの場合が、自分を相手に認めさせたい。 
となる気がするんです。



たとえば、教育についてなんかのコミュニティやらも、
ときに議論になっているようですが、
色々と、なんだかんだ述べておいて、
「で?
 あなたは何をしている人ですか?」って質問に、
どう答えられるかってとこかなぁ・・と思うんです。



理想語って、相手は間違っている、
自分は正しい、っていうことを論理展開させて、、、、

で?

それは何の意味が?  って考えると、
意外に議論というものは、意味のないものになる気がします。



ある意味、個人的には、
ネットの世界では、一方的に発信をし続けることが、
一番かなぁ・・なんて思ったりもします。


何かをコントロールしようという意思がないので、
まぁ、情報として、何かのきっかけになれば…というのが、本音です。


だから、きっかけブログにしたんですよね☆




人は、それぞれの経験の上での価値観を持ち、正しさを持っている。

人は、物事を伝えるときに、たくさんの解釈を使う。
もしくは、解釈論理を使う。

人の根本にある願望は、「認められたい」というところ。




これらを思うと、どうしても、
議論っていうのが面倒に感じてしまうことも多々あります。



もちろん、リアルの世界で決定事項があるときなどは、
しっかり論理展開して、決定しますが……





まずは、相手のことを認める。



スルーしても影響がないときは、スルーする。



その言葉を発するのは、誰の願望か、何のために、誰のために、
何のために発するのか。



これを考えると、ネットも平和になるのになぁ って思ったり。




最後のは、リアルでもそうですね。


子どもに対して、誰の感情で、誰の願望で、何のために、誰のために、
何のために、言動を発するのか。



なかなか難しいですが、自分のことのように相手の願望に焦点をあてて、
話せるようになりたいものですね☆


よかったら、ランキングクリックよろしくお願いします。
教育ブログランキング

posted by knyacki at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。