2005年12月06日

博士。

最近mixiというのにはまっているのだが、
そこで見つけた東大にいった高校の同級生のブログで、
こんなものを見つけた。
この人も、博士課程に進むそうです。
まぁ、普通に模試などの順位で、
トップ数十人に載ったりする人だったからなぁ・・・
いやはや、よくこんな人と僕が一緒の高校に通っていたものですよ・・・

博士が100人いる村。

これが現実かーーーー(+_+)

一生懸命実験して、たくさんの論文読んで、
たくさん論文書いて・・・

普通の人が送るような生活はなかなかなく、
苦労がいっぱいなのに・・・・

最後の8人は本当にいやだなぁ・・・

僕は、博士課程には進まない予定です。
修士までは行きます。

大変さへの報いを求めてはだめなのであろうけど・・・
やっぱり、こんだけ自分はやってんのにぃ!!!
って思うことはある。
もっと頻度的には多く、
やばぃ、自分全然やってないかも・・・
って思うことがあるが。
毎日睡眠もとれているし・・・

最近は、本当に、
『勉強しなくても生きていける』時代になってきている。

実際、中学レベルの数学も英語も、国語も、理科も、社会も・・・
こんなことしなくても、
専門学校には行けるし、資格もとれて、
いくらでも就職先もある。

『生きていける』のである。

プライドもなにもなくて、
『別に生きていければいいし。』
っていう人のほうが多いのではないでしょうか?

まぁ、このような人が増えているから、
変な事件が多くなっていると思うのだが・・・

なんだか、わからないが、
いらいら、もんもんとする気持ちが、
幼女殺害やら、なんやらに繋がるような気がする。
痴漢や、セクハラ行為。
こんなものにもどこかで繋がっているかもしれない。
離婚率もどんどん上がっている。
『人を見る眼』を養えてないから?
『子供の気持ち』を考えられないから?

こういうことの根本は、
きちんとした『教育』を受けること。
きちんと『考える』ことをすること。
ではないでしょうか。

暗記数学を唱えるうちの室長の記事をみてもわかるだろう。
『考える』ことをしなくて、『暗記』で点をとって喜んでいるから、
嫌われていることに気づかない。
人の気持ちを考えることができない。
言葉を選べることができない。
『臨機応変』に対応することができない。
自分の置かれている立場を確認できない。


『世の中、なんでこんなことを・・・・
幼い命を狙うなんて・・・・
本当に信じられません。』
・・・というコメントがよく気かれれるが、

実は、そのような社会を作り上げているのは、
自分達自身なのかもしれませんね。

みんながみんな加害者。


ブルハーツの歌の一つにこんなものがある。


人をだましたりするのは とってもいけないことです
モノを盗んだりするのは とってもいけないことです
それでも僕は盗んだり人をだましたりしてきた
世界が歪んでいるのは 僕の仕業かもしれない


なにか、心に響くものがありますね。


人の目の前でツバを吐くおじさん。
歩き煙草をする人たち。
人の気持ちを無視して浮気する若者。
結婚しているのにも関わらず、
子供がいるのにも関わらず、
浮気をする既婚者。
時間をなかなか守れない人たち。
感謝の気持ちをしらない人たち。
きちんと子供の面倒をみていない。
おこれない親達。
自己チューなオバさん達。

こんな人達は、犯罪者ではないけど、
確かに、世界を歪めている原因なのかもしれない。

いま、たしかに、よい教育がなされている現場がいくつもあります。
しかし、きちんとした教育がなされていない現場の方が絶対的に多いです。

よく、何度も色々な話をしても、
注意をしても、生活態度が改善されない子供や、
『考えること』ができない子供に言います。

『20年後、30年後、日本にはもっと変な事件が多くなるからな。
未来のことなんで、わからないが、これは予想できる。
楽しみに待っているとよいよ。』

現に、社会人で、塾の室長でさえも、
先日記事にしたような人がいます。

たった、数十人分の一くらいの確率で。

これからどうなる日本。


ランキング登録しましたぁ★
クリックよろしくです♪
クリックしてもらえるとランキングがあがります。
人気blogランキングへ
にほんブログ村 教育ブログへ
posted by knyacki at 18:04| Comment(6) | TrackBack(1) | 大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
友達に博士持ってる人(女)いますが、製薬会社の研究所にいるので周りがDr.ばかりだと言っていました。
マスターの方が、使いやすいと言われているのは有名ですよね(Dr.は自分の専門にこだわってしまうのだとか。給料も高いし)。

最近子どもを狙ったひどい事件ばかりで、子持ちとしては非常に怖く思います。
やはり親のしつけが重要なのではないかと日々感じています。
(最近の事件を見ていて思うのは、周りが何とかしてくれないか感がただよっていることかなあ。実際自分が当事者になったらどうなるか分かりませんが)。
某掲示板の栄光スレを覗くと、生徒と云々と書き込んでいる講師と思われる方々を見るたび、犯罪との紙一重を感じます(伝わりにくいですが)。
ていうか、実際どうなんですかね?そんな人たちがたくさんいるのでしょうか???

って、最近訪問し過ぎですね。
私も旦那が見たらバレバレな書き込みしてるがな・・・。
Posted by 社員の妻 at 2005年12月06日 21:21
いつも書き込みありがとうございます。

僕の個別の校舎にはいませんが、
グループやってたときに一人いましたね・・・・
中学3年生と・・・っていうのが。
他の校舎は全然わかりませんが・・・

生徒と連絡を取るのは禁止で、
わかりますが、
『年賀状を書きたいのですけど・・・』
っていう生徒に、
『住所は決まりで教えられないんだよ・・
ここの、塾自体に送っても届くから、
よかったらここに送ってね。』
っていうときはちょっと切ないです。

『住所も教えられない先生なんだ・・・』
っていう風に思われないかな・・と心配です。

3年や2年も一緒に勉強してきたのに、
身分も、住所も、話すことはできずに、
しかも、塾をやめちゃうと、もう二度と会うことはない。。。。
寂しいですね。

まぁ、高校生なんかには、
もぅ3年とかになると、身分も隠しきれなくなってしまいますけどね・・・

嘘がつけない性格なんです・・・・

Posted by SHIN at 2005年12月07日 00:52
こんばんは。
生徒に連絡先を教えられないのは「会社」だからですよ。「会社」に雇われている以上はその規則にのっとるのが大原則。仕方のないことだと割り切らなきゃいけないと思います。

それに「塾の規則だから教えられない・・・」という避け方は良くないのでは??その避け方は幼稚じゃないですか?
もっとうまく冗談を交えたりして、避ける方法いくらでもありますよ。私だって教えたい気持ちものすんごくありますけど、どれだけ自分の気持ちを抑えて、絶えたことか・・・。

「会社の規則」なんて言葉出したことだってないです。だって、その子にとっては一生涯自分の通った塾になるんですよ。そんな塾がヒドイ塾だった・・・なんて感じてほしくないじゃないですか。だから、私は少しでも思い出に残るような楽しい塾になることを心がけています☆

長文失礼しました。
Posted by edu[塾・家庭教師・予備校指導日記☆] at 2005年12月07日 01:46
コメントありがとうございます。

最初は、ごまかしごまかししてましたけど、
だんだん限界を感じてきちゃうんですよね。
身分なんかは、生徒との距離をきちんと測って、
簡単にごまかせる子には、
冗談をまじえてごまかしますよ〜

テスト期間中の早く終わる日に、
昼過ぎから勉強しにきたいけど、先生いる?
15時から振替授業してほしいのですけど・・・
って言われても、普通に自分の授業と重なっていたり、
実験で何時に終わるか不明だったりしますからねぇ〜
『この日は、塾にはいないんだよねぇ〜』
って色々言い訳も考えるのですが、
[本当なのかな・・・・?ってかテスト前なのに・・・・]
って目でみる生徒達を割切るのは、ちょっと無理でしたねぇ〜
なので、『実験とかしにいってんだよねぇ〜』
って自分がやっている実験なんかも話に挟んだりするんですけどね・・・
それでも、
『塾の先生なのに??』って目で見られるときもありますが・・・・

『会社のきまりだから』といって割り切るのが、どうもできない性格みたいです。

住所に関しても、
『きまりで教えられないんだよぉぉ〜
せつないけど・・・・(+_+)
でも、普通に塾の住所で送ってくれればばっちり届くから!
ってか、お正月に届くように、
塾からも年賀状だすよ☆
(一昨年から書くようになりました)』
って、そんなどんより、イヤな空気にはしないですよ♪

個別授業なんかは特に、学年が変わっても担当していたり、
中学⇒高校となっても担当していたり、
僕の場合、色々な科目を同時に持っていたりするので、
接する時間も長く、話もどんどん広がりますからね。
僕の担当している生徒もその保護者さんも、
○○先生には、本当にお世話になって、
感謝しています。
っていう手紙や電話を頂くこともあります。
高校生の保護者さんなんかは、
○○先生に任せてあります。っておっしゃられる方も。
なので、『ヒドイ塾だった』と思われることはないかと感じます。

僕のいる校舎は、まぁ、室長・その他、色々諸問題もあり、
生徒は、『塾』自体を見ているというよりかは、
『先生』を見ているようです。
『塾』のシステムは、あまり好きではないが、
『先生』が好きなので、通う。
そんな生徒が多いです。
完全に個別なので、起こりえる事実でしょうけど。
『塾』に通っているのであれば、
『先生』が辞めるから、辞める。
これはないでしょう。
実際、長くやっている生徒と、
先生がコロコロ代わる生徒では、
成績の差が明らかです。

後任へのフォローができればいいのですが・・・
なかなか・・・
先日、
『二項定理ってさぁ〜
難しいよねぇ〜俺も考えたんだけど、
よくわからなくってさぁ〜
学校の授業よくきいといてねぇ〜』
って高校数学教えている人がいました。
『前置詞でわからなかったら、
ofかforどっか入れておけばいいんだよ!
正解する確率高いから!』
なんて言っている人も・・・・
高校受験を推薦で大学附属に入学し、
そのまま大学にいった人が、
大学のことを知りたがっている生徒に、
『そんなこといいから、早く問題解いて!
ってか、私、大学とかあんま詳しくなくてわからないんだよねぇ〜』
って、言っていたり・・・・
室長が、どうも受け付けなくて、
直接先生に問い合わせる保護者もいるくらいですからね・・・

なんか、愚痴っぽくなってきましたね・・
でも、実際、そんな校舎なんですよ・・
今年の、高校受験生・・・
5科偏差値50を超えている人・・・
2人か3人いればよい方なんです・・・

できる限りのことはやっているのですが、
改善どころか、悪くなっていくバカリ・・・

何かいい知恵ありますかねぇ(+_+)
残り1ヶ月も切ったし、何かしら残さないと思っているのですが・・・
Posted by SHIN at 2005年12月07日 13:31
え、mixiですか?実は私も最近友人に招待されて、10月末から一応mixiの住人をしています。じゃ、今度、さがしてみようっと。
Posted by こだま at 2005年12月08日 11:05
私のブログへのご訪問&書込み、ありがとう
ございました。

社会全体が加害者・・・そうかもしれませんね。
世の中が攻撃型の社会になる恐れが常にあると
思います。
塾講師も「師」という漢字のつく職業ですから、
生徒・保護者の見本となる人間になるように、
生きていかないといけないと思っております。
Posted by しんた at 2005年12月11日 00:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

藤堂高虎に見る「一芸」か「オールラウンドプレーヤー」かのハムレット的考察前編
Excerpt: 親愛なるアッティクスへ 藤堂高虎という人物がいます。 戦国時代、足軽から身を起こして、伊勢32万石の大名になった人物です。 生涯で8人の主君に仕え、「主君が自分を正当に評価しない場合、仕える..
Weblog: 平太郎独白録 親愛なるアッティクスへ
Tracked: 2005-12-07 16:02
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。